アトリエ訪問

新連載 第4回



アトリエ訪問 新連載 第5回
洋画家 岡田忠明さん
−絵画とは、問い続け−
訪問者:中野 中




岡田さんの城。
菜園仕事と食事の時以外はここに籠もっている。

 

 最寄りの駅から20分ほど、冬枯れの畑地が広がり、ゆったりと構えた家々が散在している。岡田家は半分ほどが菜園になっており、母家の脇に彫刻家(息子さん)のアトリエがあり、裏に岡田さんのアトリエがある。
〔技術者から絵描きに〕
 岡田さんは、絵好きの少年だったわけではなかった。親元から離れて独立したく、中学を卒えると企業内技術養成所に入り、寮で3年間過ごし技術者を志した。その様子を書いた一文からつまみ食い的に抜き書くと\
 東大卒の寮長は毎晩アルコールづけ。午前中4時間の学科授業の国語担当も東大卒の社内教師はいつも疲れた様子であり、世界史は東北大卒の社内教師で、授業中よく眠っていた。―
 “今思うと、会社の仕事に絶望したような教師が多く、人生のすべてを見てしまったような気がした”のだった。そんなある日、社内の講堂でフランス帰りの絵描きさんの個展を目にした。T不思議なものを見たような感じUがして、にわかに絵に興味を持ち、19歳で退社。
 “ワダバゴッホニナル”と言ったかどうか知らないが、画家になろうと大検を受け、埼玉大学、東京芸大大学院と進み、人一倍勉強したのかどうか、文化庁派遣芸術家在学研修員として渡仏(2002年)までしてしまった。
 独立展の初出品は1975年、大学院を修了した秋である。女性をモティフにした具象画であったが、次第に像が崩れ分解が進んだが、行き詰まっていた。そこで絵画のもとのもとから考え直そうと始まったのが「游能碁呂」シリーズ、'90年頃であった。
 その当時の作品をぜひ見たかったが。




淤能碁呂-10101 2010 年 P200
(2点ともミクストメディア―油彩・膠・顔料等、古典技法)

 

〔「游能碁呂」のこと〕
 1995年独立賞を受賞、もちろん「游能碁呂」シリーズの一点である。翌年、会員推挙。
 当時の作品(写真)を見ると、今とそれほど変っていない。色彩的には赤や緑が登場するが、基調は白・黒であり、現在の洗練に較べれば荒削りであり、そのぶん力感があるとも見える。もちろん何を描いたのかは私にはよくは解らない。それは未だもってなのだが。解るのは題意だけである。
 「游能碁呂」とは古事記にある話―イザナギ、イザナミの神が矛で海をかき廻し、矛の先から滴り落ちた雫(塩)が初めて生まれた島となった、その名が游能碁呂島という―そこからとった題名だ、ということだけ。
 といって、その成り立ちの物語や島(淡路島とか)の景を描いているわけではない。岡田さんは根本的で深大なテーマを持って取り組んだのだ。
 岡田さんは言う。“絵画作品の原点を意識”して始まったシリーズ、だと。絵画とは何か? 絵画の可能性は? 絵画の有様とは? …果たして答えは得られるのか、どこまで行ってもイタチの追いかけっこかも知れない。が、その挑戦と模索に大いなる意味があるのだ。
 もっとも単純な白と黒の世界、単純だからこそ新しい発見はどこまでも深い。更なる深化へ、今日もアトリエに籠る。




淤能碁呂-1891 2018 年 P200