全美特別企画

自選 一年間のこの1点

制作年月(2018.1〜2018.12)
 

 

日展名誉会員、読売書法会顧問

梅原清山

「器 望」

                               90×170

 近年、作品を書くのは一日一点主義で二枚とは書かない。この方が気持ちが新鮮で良い。本作は画仙紙四十枚程、二ヶ月を要した。昨年小生九十六歳、日展五科の会場、役員無鑑査、公募入選作全体の中で最高齢作かな?と思っている。

 

 

 

トップへ戻る