全美特別企画

自選 一年間のこの1点

制作年月(2018.1〜2018.12)
 

 

日展特別会員、現代工芸美術家協会評議員

飴村秀子

「癒−寄り添う(マルコ1-40-45)」

              第57回日本現代工芸展出品作 P100

 その昔、皮膚病を患う病人は隣人に疎まれ、病苦の上に精神的にも、辛い孤独に生きることを余儀なくされたという。神は「病む者よ、私はお前と共にいるよ」と寄り添って、手を差し伸べられた。もっとも重要な愛の実践である。ちなみに2月11日は、カトリック教会で「世界病者の日」と定められてある。

 

 

 

トップへ戻る