全美特別企画

自選 一年間のこの1点

制作年月(2019.1〜2019.12)
 

 

現代工芸美術家協会評議員、日展特別会長

飴村秀子

「落穂(ルツ記4-17)」

                   162×112cm 

 まことに路傍の石ころが、神の御手によって、キリストの先祖の一人となり、名を永遠に残す事になろうとは…
 神のなさる事は、すべて深い意味を持って、時に叶って美しい。
 染はろうけつによる、日本古来の灰汁醗酵建て正藍染である。布はきなり麻ドンゴロスである。

 

 

 

トップへ戻る