全美特別企画

自選 一年間のこの1点

制作年月(2020.1 〜 2020.12)
 

 

日本書道院会長、全日本書道連盟副理事長

中村雲龍

「伊達政宗詩」

                         35×25cm 

 筆、墨、硯、紙と格闘してきた青春期。
 八十歳になってみると、最終句「楽しまずんば 復如何にせん」が、何とも心に響いてくる。この詩を拝借して、悠々と酒を楽しんでいる今の姿を、何とか表現できないものかと試みた作。

 

 

 

トップへ戻る