夢遥  ゆめはるか

(全日本美術『今月の課題』1996〜2005年を単行本に)
全日本美術編集主幹 松原清 著  A5版 272頁 定価2000円

今月の課題 「新」たなる出発  編集主幹 松原 清

 いよいよ2009年も残すところ僅かとなった。はたして今年は自分にとって如何なる年であったのか、そんな事を思う暇もない年末のどたばた劇の真っ最中にいる。先月号にも記させて頂いたが、全美事務所を神戸駅近くの中央区中町通4丁目から三宮駅から徒歩5、6分の神戸市中央区御幸通3丁目1番21-1015号(ライオンズマンション三宮1015号室)に転居する事となり、新年号の編集、校正も終わらない12月18日に引っ越しを敢行したためである。予め、ストックしている新聞のバックナンバーを整理し、3、4回に分けて新事務所に運び入れていたが、編集中にスタッフでの引っ越しは絶対的に無理なため専門業者に依頼したところ、机3・椅子4、本棚8、パソコン6、コピー機など機器類に段ボール箱120個に収まった図録、カタログ、関係図書、掃除機、ファンヒーター、扇風機などなどが山と積まれてきた。14畳の事務室と6畳の物置倉庫に満杯状態、24年前からの机3と椅子2、それに3連のロッカーなどを処分したので、新しく机、椅子が別の日に入ってくる。よくぞこれだけの物が25G(プラス屋上の階段、踊り場を倉庫代わりに)の事務所に収まっていたものよと感心すらする。とにかく全部収まると信じて段ボール箱を一つずつ開けて整理し、作業ができる状態に戻さないと発送準備にも取り掛かれないし、年末の新年号発送も危ぶまれる。勿論重要な取材もこなしながらである。それと、移転により思ってもみない問題が発生してしまった。同じ神戸市中央区だから電話番号は変わらないと信じて何の疑いも持たなかったのだが、中央区は広いため電話番号の管理箇所がいくつかあり、見事管理地区が違って番号が継続できないことが判明した。

 

24年間使い慣れてきた078-371-7544から078-862-5527に、ファックスは862-5528に変わってしまう。既に新聞発送用封筒、筆者の名刺を新住所と元の電話番号で発注し出来上がった矢先のことであった。新年号は旧住所の封筒で発送させて頂くが、ご容赦願いたい。 

 さて、弊社移転のどたばたこの辺において、この1年を振り返ってみよう。毎年「今年の漢字」を興味深く見ている方も多いと思うが、例の漢字能力検定協会の前理事長親子のおこした不正取引事件で中止されるものと思っていた。それが引き続き清水寺の協力を得て実施され、応募数は過去最多の16万1365通あったという。結果、1万4093票を得た「新」が選ばれた。その選定理由を挙げると、1年の動向が見えてくる。政権交代で新内閣雅発足し政策、行政が刷新。裁判員制度、高速道路料金割引制度など新制度の実施もあった。新型インフルエンザの大騒動も思い出す。備蓄少なく輸入した新薬タミフルの副作用問題も大流行が静かに進行している現在かしましく騒がない。喉元過ぎれば熱さ忘れる、正に日本人気質の典型的例だ。しかしながら、一番の関心事は民主党政権の政策実施力ではなかろうか。税金総額を上回る国債の発行も前代未聞だが、前向きに日本の文化をどう守っていくのか、そこにどう予算がつぎ込まれるのかが我々美術に関わっている者にとって重要なことである。

 全美も新たな気持ちで新年を迎え、頑張る所存です。2010年が皆さまにとってよき年となるようお祈りいたします。


topページへ
今月の課題