38回日展

 

尾長  保

「渚の印象」 [漆]


 昔日の印象を作品にしたとのことだが、黒漆ではなく白の漆表現としたのも白昼夢と砂浜のイメージがあるからだろう。

日の出と砂をデザイン化し紅ズワイの表裏をセンス良く配した。

幾何学的な新感覚がある。