38回日展

 

尾長  保

「白日夢[漆]」


 海底の砂に潜むエイを、そのまま銀盤に写したような存在感がある。

実はそれは極限まで無駄なものをそぎ落とされたエイなのだが、そのリアルさに驚かされる。

浅い砂浜の底に射す光の幻影のようでもある。