40回日展

 

尾長  保

「白日夢[漆]」


 初夏の白昼に、渚の上空に出現した光輪に感動を覚え、そのイメージにこれまでのモティーフ(蟹)を重ねあわせたと言う。溶け込んでしまうような背景に特徴的に簡素化されたユーモラスな蟹が印象的。