42回日展

 

尾長  保

「記憶の渚[漆]」


 浜辺、渚の生き物達に材をとったシリーズが続いている。澄んだ海水の渚で蟹の行動を観察する作者が見えてくる。デザイン文様の域にまで昇華させた構築センスが、漆芸の高度な技術と融合した。