改組新第3回日展

 

尾長  保

「記憶の渚(涼風)」


 在住の地の氷見海岸の渚に生息する魚、蟹、烏賊など。地引き網のすぼまりに入った状態をイメージした作品である。網、魚を簡潔にデザインしたセンスの良さと漆芸技法の技術力の調和がある。(松)