第39回日展

日展会員賞(工)

叶  道夫

「 翠 滴[陶]」

 竹の葉から葉へ伝わり落ちる雨の雫(水滴)を竹色を冠して翠滴と呼び、その形状をひねり造形で花器に成形し、緑釉の重ね掛けで透明感ある翠を紡ぎだした。

発想と実現の工程が清々しい正に快心の作である。