第44回日展

 

寺池 静人

「富貴想」(陶)

 

 牡丹、椿、桜などの図案に線刻、面刻されたレリーフ的文様で知られるが、今回は優雅にひっそりと咲く牡丹が施された。釉滴金彩の色面がしっとりとした品格を醸し、独特なオーラを放っている。(松)