改組新第2回日展

 

寺池 静人

「新秋」

 

 手びねり特有のあたたかな丸みの器様の下胴に華紋を配し、器おもてに柘榴の葉と実を描き込んだ。柘榴本来の赤色を用いず、釉滴金彩で醸された表情は優しく、茶室の生け花に使ってみたい逸品。(松)