第38回日展

原  典生

「炎の中に造化の神神を見た」
[彫金・七宝]

 

 薄肉レリーフされた金属板を上から順番に下方に重ね、七宝釉薬による彩色によって一つの物語を創りあげている。

これまでの神話、縄文・弥生の原初自然、また炎のモチーフが重ね合わされた。