ななこのArt interview  〜作家の小宇宙を訪ねる〜 (14)

岩 澤 重 夫

『 作家が何万人いても岩澤重夫は一人しかいないんだから。 』

 これは自分の人生。だから悔やんだりひがんだりしない。その分だけ絵で勝負しよう、ということを自分に言い聞かせて僕は生きています。作家が何万人いても岩澤重夫は一人しかいないんだから。」日本画家、岩澤重夫先生は昭和2年、大分県日田市生まれ。小学校の頃から絵と書道は好きで、4年生の時先生に絵をほめられたことがきっかけとなり、特に絵に興味を持つようになった。しかし学生時代は戦時下、一年半の軍隊生活を余儀なくされたが、20才までに戦争が終わっていたら絵描きになろうと決めていたと聞く。戦争が終わって引き上げてきたら弟は亡くなっていて、角地にあった生家も空襲の火災消火活動の円滑化を理由に引き倒されていたという。そんな状況をみて、家を出ようと決めた。当然、父親は大反対していたけど、絵の学校に合格できなければ必ず帰ると説得、俺は俺の人生をいくのだ、と京都に出て絵の勉強を始めた。そうして昭和22年京都市美術専門学校にトップで入学し、在学中に日展入選、卒業後は父親からの仕送りも自ら断ち、自立する。一番の苦労の時代であったようだ。そんな中堂本印象先生に師事することとなる。「下宿していた所が絵描き村と言われるほど絵描きが集まっている場所でね。そこに堂本先生も住んでおられたことがきっかけ。ある友達にスケッチブックを持って歩いている人は偉い先生やで。普段の自分たちの行動も見られてるから気つけなあかん、と言われていました。野球でも何でも見に来る人皆が監督であるように、おかれた環境の中で人は教えられ育つものなんです。」





第3回新日展特選・白寿賞 受賞作品「堰」

  昭和35年の日展では鴨川を筆を使わずにコテを使って流し込む、というたらし込みを応用した独自の技法を用いて描いた「堰」で特選。これは堂本先生の抽象が入った内面 の表現を岩澤先生なりに昇華した結果であろう。その後は稀有な才能と「自分は自分でつくる」と言い切る自身の強い信念によって平成5年には日本芸術院賞受賞、12年日本芸術院会員に就任された。  「一枚の絵をどのくらいかかって描いたかとよく聞かれます。私の場合は78年と答えるのです。そう、自分の歳ですが、一枚の絵には一人の人間が生きてきた人生が詰まってるものだから。だから人には見えない貯金をつくること。心の貯金をどれだけ持っているかということ。それには写 生が必要。私はどんなものを描くか、一切決めて行かない、描く対象が既に決まっていたなら写 真でいいから。自分のここ!という心に響いた風景を描く。歩いて探す。歩いて歩いて、でも描けなかったら、その心が絵を描かせてくれる。凪の海を描くには大嵐の海を知らないといけない。作品というものは描く以前があって、それが大切だからね。」この哲学的といえる思想が見るものの目を捉えて離さない岩澤先生の絵の魅力となっているのだと思う。日本画家となり、自然の風景を描き続ける岩澤先生。「食器を洗うのも、お米をとぐのも全て川でやっていた。4歳の頃から釣りをしていたり、川で、自然の中で暮らしていたことが私を絵の世界に引き寄せたのだと思う。絵描きにならせてくれた元は自然。枯れたものは次のものの栄養になる。この自然のように、絵も生き物だ。日本人としてこの心を次代につなげたい。」正に先生の風景画そのままの大自然に囲まれた京北のアトリエ、この自然の息吹が岩澤絵画の根底にあることを実感した取材行であった。



常照皇寺にて桜を写生中の岩澤先生