第47回日本南画院展

 

竹内 暁月

「朝 光」

 張家界へ向かう入口の景か。

朝日を浴びて聳える岩山はまるでモニュメントのようだ。

それは自然のもつ権威の象徴のようで易々とは近寄り難い威厳がある。

川面や谷間から湧く霧が幽邃さを更に増している。