第53回日本南画院展

理事

竹内 暁月

「懐 遠」

 

 墨色の美しさと独自の筆捌きから生まれる作品は、多才な本院にあっても貴重な存在。胸中山水図であるが、その静けさに宿る世界は瑞々しく今日性を抱懐していよう。「懐遠」もまた作品にふさわしい。(中野)