第45回記念日本南画院展

第45回記念賞

 

大前 清嵩

「初 雪」

 

 初雪を描くに寺の山門をモティフにして成功。

うっすらと降り積もった感じをよく捉えている。

山門がかっちりした骨格を与え、黒衣の寺僧が山門の大きさを強め、ポイントともなった。

手前左手の枯木が秀逸。