第32回日選展

田森 初枝

「途の華」

 京都もしくは奈良の古都を散策した折のワンシーンを回顧した作品であろうか。

門からの長い階段を上がる途中に咲き誇る赤と白の花々、階段の先には五重の塔が見える。

ほっとした思いが画面にただよう。