第53回日本南画院展

参与

濱中 佳子

「ボール遊び」

 

 人物、それも子供たちをモチーフに群像を専らとする。遊びに興ずる子供らのやわらかで俊敏な動きを、充全の観察眼と鍛えた筆致で的確にとらえる。4対1の構成の、間 のつくりも効果をあげている。(中野)