第30回記念現代南画展

 

濱中 佳子

「かるた遊び」

 

 いつも孫のいる日常を切り取った絵作りで、幸せな家族のひとときを描いている。画面に流れる温かさが観者に届いてくるその精神性は作家独特のもの。読み手の母親とかるた取りに興じるこども達の表情がいい。(松)