第1回 グループ「 煌 」

鎌田 理絵

 (社)新興美術院の大槻悦康事務局長と小林恒岳常任理事を中心とした研究会的グループ「煌」が結成され、その第1回展が銀座で開催された。メンバーは、上記の2氏に藤咲憶桜、芥川麗子、勝山貞子、鎌田理絵、稲越泉美、佐々木信江、梅津延枝、久保田光江、平岩加乃絵、宍戸浄の会員10名の総計12名。
 最近、新興展に若い作家の台頭の兆しが窺えるようになったが、そうした状況に鑑みた先を見据えた企画として今後の取り組みが楽しみである。今回は各人が小・中作品3点程度を並べたが、都美術館の大作とは一味違った趣があった。
 ただ、小・中作品はその展覧会のためだけの間に合わせになりやすく、出きればこの研究展に次大作のエスキースなどを見てみたいと思うがどうか。大作の構想をラフスケッチから小品に移す、そんな試行錯誤の中から大作の完成を願うものである。今後の「煌」の発展を期待したい。  (松)

 

    ■9月11日〜16日  ■ロイヤルサロンギンザ             「菊日和」