第50回記念日本南画院展

 

萩原 朝美

「森は時代区分を望むか」

 

 画題はともかく、営々と億年のときを生き続けて自然の生命の賛美をうたっている。その象徴として花を挿入し、光を投射し、その鋭角が林立する樹林に対するインパクトある構成を意図した。