第51回日本南画院展

 

江尻 清音

「淨 心」

 

 老僧が小僧といっしょに托鉢に歩く。粗衣・素足に杖を引く老僧の静かな表情がいい。対称的に聖牛は面をあげて鼻先を伸ばして悠然としている。三者の目線が一歩前への意志となって作品の勁さともなる。