第48回日本南画院展

 

井丿口 八弘

「夕映の八島」

 湿地帯から低い丘陵の広がる茫漠とした景が夕照の中に静かにたたずんでいる。

薄や紅葉らしき木が見られる秋景だろうか、丹念に細やかな野の上に雲をたなびかせた夕空が広がる。

詩情あふれる描写だ。