第49回日本南画院展

 

金澤  徹

「播州秋祭」

 金澤徹といえば祭、祭といえば播州、で執拗に描き続ける。描写も細部に亘って執拗であり、それが持味。細部の充実があって全体が盛り上がる。かつ大局観も備えている。今回は俯瞰構成で目に新鮮だ。