第31回創画展 

 

 

 工藤 甲人

「馬の霊を弔う新田火祭」

 

 

 西津軽の木造町に長く伝わる夏の祭。

布製ねぷたの大きな馬を何十頭も燃やして農耕馬への感謝を表したのがルーツ。

今は動力によるが、かつての時代への郷愁をこめて神馬を舞わせた。   (中)