第32回東京春季創画展 

 

 工藤 甲人

「波の戯れ」

 

 めずらしく現代風俗を取り込んでいる。

湘南に住む画人が日頃目に親しんでいるサーファが大きな波と戯れ、桂冠の人魚が海草と戯れながら、ふとこちらを振返る。

動と静、陰と陽に現実とロマンが重奏する。