第33回創画展

 

 工藤 甲人

「渇仰の季節」

 

 北国の雪が融け春が一勢にくる

。植物は一気に丈を増し花を咲かせ、蝶は舞い魚も元気にはねている。

そんな生命の息吹に満ちた自然が美しくも羨ましい。

顔料の粒子がキラメき、透明感が美しい。    (中)