第34回東京春季創画展

 

 工藤 甲人

「春の序幕」

 

 福寿草や蕗の薹が芽を出し、早蕨が萌え、辛夷が咲き、花から花へ蝶が舞い、川には鯉や鮒が泳いで北国の春は一気にやってくる。

そんな喜びと郷愁の思いが大気に満ちて、生きる力も満ちてくる。   (中野)