第53回日本南画展

常務理事

三科 隆一

「宵闇の街」

 

 天を衝くような巨大な高層ビルに昇った満月がかかる。都会の街に宵の帳とばりがやってきて、ビルをかすめて走る電車の沿線の街路灯にも灯りがともる。直線構成の画面に都会の哀愁が流れる灯ともしころだ。(中野)