第57回日本南画院展

 

月居 和子

「四季・夏」

 

 ひとりのうら若い女性がそこに佇ずんでいる。あり余る余白の中の黒々とした漆黒のタテ構成に、ヴィヴィッドな線とニュアンスに富む陰影をまとって。彼女の心の内を爽風が吹きぬけて、印象に深い作品。(中)