第45回記念日本南画院展

 

 

安田 虚心

「松風颯々」

 

 長い風霜に耐えてきた赤松の豪壮剛毅な逞しさをとらえた。

太い幹の甲羅のような表皮、屈曲する枝々をクローズアップし、中景から遠く霞む山々へと目線は自然と運ばれてゆく構成の工夫もある