第57回日本南画院展

 

高垣 抱月

「清 音」

 

 瀧図である。水量豊かに豪宕な音を立てている瀑布なのだろうが、対峙しているうちにすべてが消えて、薄絹をまとったような、超俗の無心の顕現とも見えてきた。岩の苔を映した薄緑に香気が感じられる。(中)