第48回白士展

 

加藤 哲男

「能登の山里

 

 能登は半島で平地が少ない。山あいの一角にまとまって存在する集落を前面に配し、裏山の棚田、段々畑を4曲でパノラマ的に描いた。銀箔の空が、新緑に映えて爽快さを醸す。右上の道の存在が活きた。 (松)