第51回白士会展

 

加藤 哲男

「開田村浅春

 

 御嶽山(長野県)の麓の高原の村落。かつて木曽馬の産地として賑わったが、今は静かな佇いのなかにある。悠久の刻を閲して人は生き、喜怒哀楽を胸にたたむ。そんな流れが夢幻にあるような思い。(中)