第46回日春展

 

渡辺 武蔵

「薄」

 

 髪にかんざし、太鼓帯、鶴紋のうちかけをまとった舞子の横顔が、白化粧にくすんでいるのは、薄暮の薄明の故か。舞子をモティフにしながら些か沈みがちな雰囲気は、屈折した心を抱えているから…。  (中野)