第38回日展

堂本 元次

「白鷺の訪れ」

 中国の景シリーズが続いたが昨年から日本回帰して今作は晩秋の北嵯峨野の景。

静かな佇みの中に一羽の白鷺が飛来した、そのことに絵心が誘われた。

赤味を帯びた紫色が艶やかで、豊かな彩色を感じる。