第39回日展 日本画

 

中路 融人

「冬の日」

 その影を水面に映して冬枯れの木が、冬の冷雨の中に静かに、しかし端然と立っている。

湖の中道だろうか、向こうにも水面がかすかな明りを集めてたゆたっている。

寂しいが満ちている、微妙な気配をとらえた。