第46回日春展

 

 

中路 融人

「霧」

 

 伊吹山を背に稲架木を描く、あるいはこうした霧に視界を閉ざされる景のなかの木々を描く、画家は木へのこだわりがある。それはフォルムへの興味か、存在への共感か。何気なさにこもる深い心象を想う。