第43回日展

 

 

中路 融人

光」

 

 桜、伊吹山、そしてことしは琵琶湖の夕照を謳う。水面に白く映る夕陽が、浮島の木立ちの影と共に波間に揺れている。そのリズムに作者の内なる鼓動が同調したかのように、静謐なる揺れる美をとらえて深い。