第38回東方展

 

 

鳥海 幸子

「夏の終りに」

 

 トサカケイトウ、ハゲイトウなど晩夏の花たちを画面一杯に配して主題の雰囲気を出した作品だが、異種の花の色彩の重なりに心地よいリズムを持っている。ボリュームとしての存在感もある。