第37回創画展

 

戸田 康一

「割れた鏡のハーモニー([)」

 

 連作を続ける。光の屈曲と面を走る不規則的な線、そこに映る人物の描線化の三位一体に、尽きない魅力と展開がある。強い線とやわらかな色調が絡んで新鮮な視線が出来する。(中野)