第49回創展

 

森  水碧

「讃 燦 潸」

 

 森ブルーと形容したいくらい創展になくてはならない画風。今作の宙の青は濃い。そこに突き刺すかのように振り上げられたスティック。亡き夫を讃え、子どもたちに心を託す心情が青と白の世界に明解になる。(篠原)