第64回日本画院展

 

中村 仲子

「観光地曳」

 

 シャレた装いの観光客たちが、にわか漁師になって地曳の疑似体験に興じている。

群像に様式化を用いて工夫し、色遣いにも統一感がある。

漁師の生きる喜びを伝えたいとする作者のメッセージがある。  (中)