第67回日本画院展

中村 仲子

「地球の記憶」

 人類の横暴から複合的要因によって地球は異変が陸続している。

骨格のみの恐竜が狂気に満ちて(否、成すすべもなく、か)絵を描き続ける。

それは画家自身の投影であろう。

描き続けることでしか出来ない事。