第68回日本南画院展

田中  武

「佳 日」

 花鳥画の多い画家だが、昨年のオフェーリアに続き

今作も新鮮かつ意欲的。

3曲の大作、右2曲に衣桁にかけられた着物を展開し、

左曲に座す女性を配す構成の工夫、

華やかな雰囲気のまま人物で落ち着きを演出。