第40回日春展展

 

福本 達雄

「朝 霞」

 

  様々なモティフをへめぐって結句、師のモティフにあらためて挑戦、一つの回帰であろうか。

もちろんそのとらえ方はこの画家のもので、静かで穏やかさは変らないが、その奥の芯の強さがしたたかにある。(中)