第64回日府展

 

田代 和豊

「原っぱにて」

 

 何気ない日常の中に潜むテーマを探し出すのが実に上手い作者。昨年の太刀の画面から一転、動物と遊ぶ子どもたちの清々しい表情が描きだされる。そこには作者の優しい心が浮かんでくる。緑の色彩も澄んで明るい。(篠原)